ごあいさつ

おかげさまで、私たち朝日酒造株式会社は、今年2016年(平成28年)に創業100周年を迎えることができました。

弊社は、1916年(大正5年)、初代喜禎康二が喜界村湾143番の地に妻ハツと夫婦二人で創業したのが始まりでございます。

創業時の社名は『喜禎康二商店』。

現在のような恵まれた環境ではなかった戦前と太平洋戦争の戦禍において工場が全壊するという苦難の戦中戦後を、創業者と二代目康夫と妻艶は、皆様に支えられながら製造販売を続け、1960年(昭和35年)に朝日酒造株式会社と社名を変更し、現在に至っております。

こうして100周年を迎えることができましたのも、ひとえに永年にわたる皆様のご愛顧ならびに温かいご支援の賜と心より厚く御礼申し上げます。

この節目を契機といたしまして、新たな100年は、焼酎蔵として私たちの成すべきことを考え、未来を見据えた企業として、これまで以上に「喜界島」にこだわり、より安全安心な「ものづくり」に挑戦し続ける会社でありたいと考えております。

今後も一層精進して参りますので、引き続き変わらぬご愛顧ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

朝日酒造株式会社「100年のあゆみ」

  • 1916年(大正5年) 喜禎康二が「喜禎康二商店」として創業(湾143番地)
  • 1960年(昭和35年) 「朝日酒造株式会社」法人設立 喜禎康夫、代表(二代目)就任
  • 1985年(昭和60年) 第二工場(事務所、瓶詰場)完成(湾446-16番地)
  • 1987年(昭和62年) 喜禎光弘、代表(三代目)就任
  • 1999年(平成11年) サトウキビ栽培開始
  • 2000年(平成12年) 製糖工場完成(中里久部マシ477番地)
  • 2004年(平成16年) 貯蔵庫完成(湾167-2番地)
  • 2006年(平成18年) 自家製有機黒糖仕込み「陽出る國の銘酒2001」発売
  • 2011年(平成23年) 喜禎浩之、代表(四代目)就任
  • 2015年(平成27年) 有機JAS認証取得
  • 2016年(平成28年) JGAP認証取得

※有機JASとは...

農薬や化学肥料の化学物質に頼らず、自然界の力で生産された食品に対して、適合した生産が行われているかを登録認証機関が審査し、その結果、認定された事業者に与えられる認証規格。

※JGAPとは...

農林水産省が推奨する農業生産工程管理手法のひとつで、農薬の管理、肥料の管理など120を超えるチェック項目があり、それらの基準を満たした食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証規格。

現在の活動と未来へ続く想い

こちらからPDFでダウンロードいただけます。

100周年記念焼酎

朝日酒造創業100周年を記念する限定銘柄を販売いたします。

新生たかたろう、発売

朝日酒造創業100周年を記念し、弊社銘柄の「たかたろう」の味をさらに進化させ、ボトルデザインも一新しました。

青空に打ち上がる雲の花火をイメージしてデザインされたロゴを白いボトルに配した、爽やかで凛とした佇まい、そして、フルーティーな美味しさは、様々なシーンで、また料理の和洋を問わず、幅広くお楽しみいただけると思います。

新生「たかたろう」を何卒よろしくお願い申し上げます。

こちらから「新生たかたろう」のポスターをダウンロードいただけます。